05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0号室の客 Last Story 『ロックな男』

2010.05.02 16:23|感想

2010 273.4jpg


リーダー主演、まぼ監督のこちら。
GWに見ようと思って、DVD、大事に熟成させてました(笑)

一話がだいたい15分くらい…なのかな。全五話、一気に見ても一時間足らず。
ドラマって、ドラマチックに色々なことが起こるから(笑)反応しすぎて、見終わったあとへとへとになってしまうことも多い私。
でもこれくらいならさくっと見ることできるので、ありがたいです^^

内容のネタバレになるので、感想は続きに。

* * *

凄腕のギタリスト二人が、一人の女性と出会ったことからすべては始まった。。。
バンドのギタリストである二人の男…タイガー(呼び名はジミー?)とジャガー。ある日奈美という女性と知り合い、二人とも彼女のことを好きになってしまう。
(※”アニマルジェットプラネット”というバンド名なので、メンバーもこういう名前らしい。もう一人のメンバーであるドラマーの名前は”パンサー”。全員猫科なのね・笑)
ジャガー(=城田)は奈美を連れて街を出、それが元でバンドは解散。
その後二人は結婚し、城田は就職するも、営業回りに苦心する日々。
一方タイガーはロックギタリストとして、世界的な人気を誇っていた。
自分ではなくタイガーを選んでいれば、今頃世界的なミュージシャンの妻として、富も名声も得て悠々自適の生活を送っていたはず。現に妻も、今も彼への気持ちを残しているのでは…。
そう悩んだ城田は、離婚届けを手に0号室へやってきた。

* * *

のっけから何かと思われたでしょうが(^^ゞ一気見した頭の中を整理するために、私なりにあらすじを書いてみました。やっぱり体言止め多いなあ…。
リーダーと山口くんは、たとえフィクションの中であってもさん付け、が私の癖なのですが、あらすじでさん付けしてたら変なので、あえてさん付けはなしで。
ざっくり言うと、二人のロックな男が、同じ一人の女を好きになるともめる、っていう話ですかね。…ざっくりしすぎ?
このLast Storyだけしか見てないので、解釈違ったらごめんなさい~。

遺伝子からはじきだす人間の点数がどうこう…というのがこのドラマの肝みたいですが、私は数字に弱くいまいち理解しきれないので(^^ゞその点についての感想は誰か他の方にお任せします(笑)個人的には点数うんぬん抜きでも、じゅうぶん楽しめたし。


途中何度か出てくる、バンド時代の回想。タイガーとジャガーが奈美をめぐって対峙するシーン。
その時のリーダーの格好がもう…ずばりです。

ヒョウ柄のシャツに黒の革ジャン、ぼろぼろのダメージジーンズ。横顔を見たら眉も少し整えているような…。そして髪型はもちろんリーゼント!
リーダーが番組とかでたまにしてるのと少し違って、えりあしの髪をまっすぐなまま残しているのが目新しいです。
きっちり落とし前をつけよう、とタイガーが言って…城田が拳を握り、「わ~~~!」と叫んだところで、回想シーン終了。

もうね、リーダーのこの姿を見た時…まぼは、うきうきしながら指示したんじゃないかなあ…と。
衣装のことまで監督が口を出すかどうかは分からないけど、リーダーが主演で自分が監督という、またとない機会なわけやしねえ。ここぞとばかりに、自分好みの城島茂をつくりあげようとする姿が目に浮かびます(笑)
左手薬指に指輪してたり、煙草を吸ったり、眉間に皺を寄せてコーヒーを啜ったり、問いただそうとする妻に「…もうええわ」となげやりに言ったり…。普段のリーダーなら見られないような姿が満載。ノリノリですね、松岡監督~^m^
「もうええわ」って、ちょっと言われてみたいって思ったもん。ヒョウ柄やリーゼントや…ロックな姿のほうはね、ライブで見慣れてるとも言えるんで(笑)
とはいえやさぐれてて近寄りがたいかっていうとそうではなくて、時折困ったような、人の良さそうな顔をするところが、あ~リーダーやなあって思いました。劇中では城島さんやなくて城田さんやねんけど(笑)

ちなみに…0号室のあるホテル。どっか外国の古城みたい…。廊下に騎士の鎧あるし。ホテルのフロント役の横山くん、シルクハットかぶってるし。
そこに背広(スーツではなくあえて背広^m^)姿の城田さんが佇んでいる絵が、ありえなくて面白かったです(笑)

2010 271.2jpg


妻である奈美の点数は72点。自分の点数がそれより下だったら離婚しよう、と言う城田さん。なのにいざ点数が書かれた紙を開こうとすると…気持ちがくじけて、「わ~~~!」と叫びながらホテルの外へ走っていってしまう城田さん。どうなる城田さん(^^ゞ
すべてが明らかになる、最終話が面白かった!笑いました~。というわけで、もちょっと続きます。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。