07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっち向いてじゅのん!

2011.06.20 23:25|感想

2011 431.2jpg


山口くんが、愛犬・じゅのんについて書いた、言わずと知れたこの本。
もう10年以上前のものになるんですね~。
名前は知っていたけど、もう手に入らないだろうなと思ってたのが…このたび、縁あって手にすることができました*^^*

料理の本なんかが安く手に入るので、うちの母はちょくちょくBOOK OFFへ行きます。
以下、帰宅後の母娘の会話。

「そういえば今日山口くんの本があったで。こっちおいでジョンソンとかなんとか…」
「え、うそ?!(…おいでじゃなくて向いてやし。しかもジョンソンちゃうし(^^ゞ←心の声)」
「一回手に取ったけど、杏子のことやし持ってると思って」
「え~持ってへん~!」

書籍は買ったり買わなかったりだけど、この本はいつか見てみたいとずっと思ってました。
なのでもう、気になってしょうがなかったけど…家から少し離れたところにあるお店だったので、すぐには行けなくて。
もうすぐ迎えに行くから、どこにも行かんといてな~><と、そわそわしながら過ごすこと数日。。。
昨日やっと行けて、無事に私の本棚に加わりました*

まだじっくり読めてないけど、10年前だと山口くんも若いなあ。なんていうか、じゅのんのことが可愛くて可愛くて、付き合って二か月目のカップルみたいなテンションなのが(笑)
子犬の頃のじゅのんの写真も、初めて見ました*^^*私がファンになった時には、じゅのんはもうすでにおとなになっていたので…。
私は犬でも猫でも、「好きな種類は?」と聞かれたら「ごく普通の雑種」って答えるけど、アメコカって可愛いな~ってじゅのんを見てると思います。特におでこ。丸く張り出してるおでこに、手のひらを添わせてみたいです。
まぼとJAZZや長瀬くんとリヴといった犬仲間も登場してて、みんな若いです~。

今のところいちばん印象に残ってるのは、自分も犬を飼ってみたいと思うかって聞かれたリーダーの、「自分を飼うので精一杯」っていうコメントだったりして…(笑)

念ずれば通ず、だなあとつくづく思いました。ありがたや(-人-)
BOOK OFFからの帰りに普通の本屋にも寄って、PLUSレポ掲載のsongsも購入。
こんな衣装だったな、こんな場面あったな…って、ページをめくるたびに愛しい記憶が蘇ります。
これを見ながら、ライブのことも書こう*

いつも拍手をありがとうございます。
遅くなってしまいましたが、続きはメッセージへのお返事です*

*瑞樹さんへ*

瑞樹さん、こんばんは。お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

たくさん読んでいただいてありがとうございました。
まぼの6歳違いの話…私も聞いてて、「1977から1970を引いたら7歳違いじゃ?」って思ったんですよね。
でもあまりに無邪気なまぼの様子に、そんなことはとても…って胸にしまいました(^^ゞ
まぼが早生まれで実質一年のほとんどは6歳違いだし、それに、
瑞樹さんの言われるとおり、まぼなら一年の違いくらいどうにかしてしまうだろうなって。
いいんですよね、愛があれば年の差なんて(笑)

ツアー中って、ファンの方それぞれのTOKIOへの想いに接することがいちばん多い時で、
まわりの方がみんな、TOKIOに対して熱くて揺るぎない気持ちを持ってるように見えて…私は表現の仕方はこれでいいのかな?って立ち止まることも多いです。
(殊にまぼに対しては、かっこいい~大好き~って熱っぽく語るより、ツッコミ入れてるほうがずっと多いので…(^^ゞ)
そんな時だったので、まるで見透かしたかのように瑞樹さんにこうして言葉をかけていただいて、
不思議で、そしてほんとにありがたいです。
私はすごく不器用なんですけど、TOKIOへも、そして親友に対しても、私なりに真っ直ぐでありたいなって思いました。

私のほうこそ、瑞樹さんにとても感謝しています。
そして、TOKIOにも*^^*
あたたかいお言葉をたくさん、ありがとうございました*

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。