09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKIO LIVE TOUR 2011 +PLUS+ ♯1

2011.06.22 00:59|ライブ

2011 415.2jpg


DASH道草企画。
道子、そして定男さんとのコンビが板についてきましたね~。
昨日のマグロを食べに行ったシーンとか、お父ちゃんと息子たち…と娘(道子)みたいで微笑ましくて^^
明雄さんといい、定男さんといい、魚沼の農家の方々といい、TOKIOはかっこいい男の人たちとの出会いに恵まれてますね。
しゃべってはる内容もだんだん分かるようになってきて、定男さん大好きです、私(笑)

ライブでも、道子の話してました。
道子に会ったことがあるのは太一くんと長瀬くんだけなので、他のメンバーは興味しんしんな様子でした。
ロケに行くのをこの二人に限っているのは、いろんな人が来ると道子がびっくりしちゃうから…だそう。
北海道、いつか行ってみたいな~。TOKIO込み(笑)でもそうでなくても。梅雨どきは特にその気持ちが強くなります(^^ゞ

さて*
ようやく、ようやく、ライブ本編のこと書き始めようと思います。
感想やら、印象に残ったメンバーの様子やら…つらつらと。


+overtrne+

PLUSツアーの幕開けは、TOKIOいわく「悪い人が出てきそう」なロックで。それってどんなんや…。TOKIOが出てくるんちゃうんかい(^^ゞ確かに、あやしげ?な薄明かりに、スモークもくもく。
武道館は会場が大きいだけにスモークの量も多くて、悪い人というよりむしろ仙人が出てくるんじゃないかと…。ちゃんとTOKIOが出てきて安心したけど(笑)
ライブの始まりっていうと、特効どかーん!客席きゃー!…というのが定番だったので新鮮な感じでした。
なんていうか…ファンも17年経つと、ちゃんと待てるんだなあって。
リーダーの黒いジャケットは、スパンコールできらきら☆そんなに明るくないステージの上でも光を反射して瞬いていたので、リーダーがどこにいるか、毎回すぐに分かりました(笑)
途中二回くらい、長瀬くんが後ろを向いて楽器隊に合図出すのがかっこよかった!
なにより、5人で奏でる「音」で始まるのが、今のTOKIOらしくてよかったです^^

+advance+
+AMBITIOUS JAPAN!+

長瀬くんがadvanceイントロのギターをかき鳴らして、客席は念願の「きゃー!」を言って(笑)
アップテンポの、馴染みの深い二曲で一気にヒートアップ!
京都の最初の挨拶では、「みんな気付かなかったかもしれないけど、AMBITIOUS JAPANの「fu-fu-fu-♪」のところ、「フウゥ~↑」って言っちゃいました…」とお茶目に明かす山口くん。はい、気付かなかったです…(^^ゞ声がひっくり返っちゃったんですね~。
AMBITIOUS JAPAN!は、武道館でスタンドの上のほうから見てると客席のペンライトの動きがぴたっと揃っていて…感動しました。
やっぱり、TOKIOファンのDNAに刻まれてるんだなあ…この曲は。

+-遥か-+

長瀬くんの挨拶を挟んで、遥か。
タテノリの曲がふたつ続いた後、ほどよくゆったりできて、今日はどんな様子かな?とメンバーの顔をじっくり見ることもできていい感じでした。
ツアーを再開した石川では、客席を、そして東日本の人々を気遣う言葉をかけた長瀬くん。
後でまぼが、「いいこと言うから、俺、遥か叩きながら泣きそうになっちゃったよ」って。
で、それを聞いて今度は私が私が泣きそうになりました。。。(;_;)

+僕の恋愛事情と台所事情+

Aメロで太一くん、手の中に握れるマラカス?を持ってしゃかしゃか。サビではキーボードで手がふさがっているので、代わりに頭を左右にふりふり。ジブン、可愛いねん~!とじだんだ踏みたくなったほど。
にこにこしながら鍵盤を弾いていて、すごく楽しそうでした^^
親友もこの太一くんに悩殺されていて、後で「太一くんって絶対背中にぜんまい付いてる!」と力説してました。おもちゃチックなんだよね、動きが(笑)
グッズは最初、ツアーパンフとタオルしか買うつもりなかったのに、太一くんがバッジをジャケットに付けてるのを見たら可愛くて…買ってしまったりも。単純や…。
サビのところで、リズムに合わせて身体を左右に揺らすリセッタコンビ(二宮くんに代わったからもうこの愛称は使えないのかも?と思いつつ…身体に染み込んでるのでつい・笑)も可愛かったです。

+それしかできない+
+Period+

リーダーのソロ。きらきらのジャケットを脱いで、白シャツにベスト姿に。ベストになっても襟元にスパンコールで、やっぱりきらきら☆
(まぼはもちろん、これを度々張り切ってネタにしてました…「演歌歌手みたい」とか・笑)
リーダーは歌が始まる寸前までマイクの位置とか確かめて、そしておもむろに歌い出すので…大丈夫と分かっていても、見てて毎回どきどきしました(笑)
ストリングスとブラスの音色がムードたっぷり。リーダーの歌も、CDで歌っているのより声が少し低めなような気がして…。大人っぽくて、素敵でした。

続いて山口くんのソロ。曲の中のどこかのパートが山口くんということはよくあっても、丸々一曲山口くんの歌をライブで聴くのは久しぶりだったから、嬉しかったなあ。
どこまでも、きれいに伸びる歌声が染み入りました。
どちらの曲も、ライブで生で聴いたら、CDで聴いてた時より詞の世界が心の中に見えたように思います。
そしてさりげなく光っていたのが、両方の曲でサビのハモリを受け持ってた太一くん。職人、って感じがしました*^^*

ひとまずここまで~。
もう十二分に遅れはとっているので(^^ゞ自分のペースで、今回こそ完走!を目指します*

急にむし暑くなりましたね。くれぐれもご自愛ください。
拍手をありがとうございました!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。