06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新曲つれづれ

2012.03.06 00:23|感想
ご無沙汰しています。
いつのまにか6日も経ってしまいましたが(^^ゞ3月ですね。
今日の関西はしっかり降りました。この雨でまた少し春に近づくかな。

そういえば新しいCM!”突撃、隣の食洗機!”(勝手に命名・笑)な太一くん。こないだ見ました。
後日スーパーに行ったら日用品コーナーにずらっと並んでて、あ~これや、太一くんの!と眺めはしたものの手には取れず。
いや、あの、うち、食洗機がなくて…。食器乾燥機はあるけど。
貢献できなくてごめんね(^^ゞ

さて新曲。
ここのところちょっと忙しくて、届いたのを箱から出したのさえ3月になってからという状況で。。。
CDは毎晩聴き込んでるけど、映像は時間のある時に落ち着いて見たいし、PVは週末まで待機だなあ…。

毎度のことながら、私はここのギターが~とか、この音が~といった方向でのアプローチが得意でないので(^^ゞ話がそれまくるのは確実ですが(笑)思ったことをつらつらと。


『羽田空港の奇跡』

この新曲のタイトルを知って私が最初にしたことは、
「羽田空港ってどこにあるん?」と家族に尋ねることでした(笑)
東京にしても九州にしても四国にしても陸路で行けるので、羽田に行ったことはおろか、飛行機自体、数えるくらいしか乗ったことがなくて。
去年リーダーの舞台を観に行くために初めて品川で降りて、これがあの品川駅か!と感動したように、
いつか、これが羽田空港か~!と思ってみたいです(笑)

ちょっとだけ音楽っぽいことも言うなら、この曲、鍵盤の音が好きです。いい音。
プレミアムで初めて演奏してるの見た時に、この曲はオルガンなんや!って嬉しくなって。キーボードの音ももちろんいいけど、個人的にはアナログな音が好きなので。

『KIBOU』

クロネコヤマトのCMの曲、だったのが、だんだん、TOKIOの曲になってきてるところ。
キーボードひとつとっても、こちらは電子の音がきらきらと鳴ってる、明るくて真っ直ぐな印象。
歌詞は…良く言えばオーソドックス?既存のいろんな曲と混ざってしまうのか、私としてはなんだか逆に覚えづらくて、まだ一緒に口ずさめるとこまでは至ってないかも…(笑)
ただ、歌い出しは意外でした。サビの雰囲気からして、頭から明るいイントロで始まるのかと思ってたので…。

クロネコといえば、CMも新しくなってますね。
思い起こせば初めてCMに出だした頃から、TOKIOさんの制服の似合いっぷりには目を見張るものがあったけど、
今オンエア中のやつはそれこそ、TOKIOの顔を知らないひとが見たら、普通にクロネコの社員さんだと思うんじゃないだろうか。。。
…そんなことさえ思ってしまうくらい、もう、はまりすぎです。配達姿が(笑)
制服もあれだけ似合うんやから、うちに荷物持ってきたクロネコのおにいさんの顔をふと見たらTOKIOやった!…なんてことがあっても不思議じゃない気がするねんけどなあ~。(いや不思議不思議(^^ゞ)

『ストロボ』

いつも楽しみな、HIKARIさんの曲。
初めて聴いた時、なんやろ、この切なさ…と心が揺さぶられました。
歌詞の内容が?メロディーが?よく分からないけど、聴いているとものすごく胸が締め付けられて、でもそれがくるしいわけじゃなくて。
この感じは、恋のそれというよりは青春の切なさのように私は感じました。
…私の場合、思い出して切なく懐かしくなるような青春ではなかったんだけど(^^ゞそれでも。
HIKARIさんの曲はいつも、空気みたいな、感覚みたいな…そういう目には見えないものを心に呼び起こすので、すごいなあって。

HIKARIさんの曲はカップリングとして入ることがほとんどだから、こうしてCDを買ったひとでない限り聴く機会がないっていうのが惜しいよなあっていつも思います。
こんな曲をつくってくれるひとがいて、TOKIOがそれを歌ってるってことを、もっともっと、たくさんのひとに知ってほしいし、聴いてほしいです。

『PERFECT LIFE』
この曲は…ぜひライブで!サビのところで拳を突き上げる客席が見えるようです。
あ~ライブ行きたいなあ。

…最後、二行かい!…というツッコミは自分で入れておきました(笑)
今の段階でのそれぞれの曲への思い入れの度合いが見事に表れていますが、ひとまずこんなところで。



植えて4年の、我が家のミモザ。今年ついに蕾がどっさりついたので、花が咲くのが楽しみです*^^*

長々と読んでいただいてありがとうございました*

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。