10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『灰色のカナリア』 ♯2

2012.07.11 18:35|舞台

2012 478.2jpg


『灰色のカナリア』二本目です。
本文を書いたら精魂尽きたので、もう、前置きはなしで(^^ゞ
まだまだ先は長いけど…まぼを出せたのでとりあえずほっとしました(笑)

玄関のドアを激しく叩く音。
気にしつつも抱きついて泣いているカナを無理に離すこともできず、藤井がおろおろしていると、ドアが開けられる。
「なんだ、開いてんじゃねえか」

この時点で開演後約40分。はいお待たせしました。伊達に待たせたわけじゃない、松岡さん初登場です(笑)
現れたのは、オレンジ色のつなぎ(背中のロゴは”Doremi Pizza”と読めたような…)の制服を着て、ピザの箱を持った…明らかにピザ屋の男。
「部屋間違えてるんじゃないですか?ピザなんて頼んでませんよ」
そう言って近づいた藤井を一発でぶっとばし、手に持っていたピザをそのへんに放り投げるピザ屋(^^ゞ
その姿を見て、カナは棒立ちになる。
「リュウ…」
「カナ」
「…リュウ?!」と混乱する藤井をよそに見つめ合い、カナが駆け寄って…抱き合う二人。
(ちなみに奥菜さんはこの時部屋にあるローテーブルの上に乗るので、身長差は解消されてました。)
そしてキスをする二人を見て、「あっ…」と言ったきり固まる藤井くん。気持ちすごい分かる…(笑)
初めて見た時の第一印象は…「…長っ!」。なんていうか、かなり…オトナのキスでした(爆)
それでも私自身は嫉妬心とかは全然なかったんだけど…開演前に眺めた客席のお客さん、高校生がいた気がする!中学生もいた気がする!むしろ小学生もいた気がする~!いいのかこれ~!(@@)
…と、今さらしてもしょうがない心配が頭をぐるぐるしてしまったり(^^ゞ

「ごめんなさい、私が悪かったの」と、リュウに抱きついて泣きじゃくるカナ。
「ほんとにリュウなのね?生きてたのね?死んでなんかなかったのね?」
「おう」
「でも、よくここだって分かったね?」
「なんでだろ。気が付いたらここにたどり着いてた。…変か?」
「ううん。私もそうだったから」
そしてリュウはカナを抱き上げて椅子に座り、カナを自分の足の上に座らせる。ここからちょっといちゃつきモード入ります(笑)

「カナ、おまえは一体どこへ行ってたんだよ?」
「もうここにはいられないって思って、北を目指して、各駅停車に乗って…。毎日飛び込みでホテルに泊まって。そしたらある日、リュウが死んだって…!」
「ばかだなおまえ。そういうの信じるんじゃねえよ」
「でもニュースで言ってたから…!」
「ばかだな。ニュースなんてな、ああいうのは全部でたらめなんだから」
「それでもう、わけが分からなくなって、また北を目指して…気が付いたら、ここにたどり着いてた」
「そうだったのか」
部屋に入ってくるなり藤井くんをぶっとばしたことからも分かるように、リュウって口調とか挙動とか、こういう…分かりやすく言うと不用意に触ったらやけどしそうな感じのひとなんだけど(苦笑)カナには優しいんですよね。
会話しながら、カナの涙を手で拭ったり、髪をなでたり…。いや、もう、ごちそうさまです(笑)

それから、感じ入った様子で部屋の中を見渡すリュウ。ちなみに藤井くんもいるけど床にダウンした体勢のまま気配を消してます(^^ゞ
「それにしても驚いたな、この部屋。あの頃とまったく同じじゃねえか」
「ほんとに偶然なんだけど、たまたま同じ部屋が空いてたの。それですぐ契約して」
「けどよ、この敷物とか、クッションとか…よく同じものがあったな」
「ひとつひとつ買い揃えていったから、ずいぶん時間かかっちゃった」
「完璧に再現されてる」
「この椅子なあ。このラインが気に入って買ったんだよな。…おい、このテーブル…俺がナイフでつけた傷あるぞ!」
「多分このへんだったかなって、記憶を頼りに私がつけたの」
「てことはこれも?(とリュウ、座っていた長椅子の座面のクッションを裏返す)
…”I LOVE YOU,OK?”」(ってクッションの裏に書いてある…。演じるひとの趣味?^m^)
次に洋服だんすを開け、そこに並んでいる洋服を見て、「これもか?!」
「さすがにこれは、似たようなのを入れてるだけ」
「こんなのあったか!」
そう言って紫のスパンコールできらっきらのジャケットやら真紫色の上着やら(演者の趣味パート2?・笑)を取り出してはしゃぐ二人。
(紫の服が出てきた時、会場全体がウケたので、まぼ=紫っていうのはTOKIOのファン以外の人にも浸透してるのかな?と思うと…少し感動でした・笑)
さらに、床に敷かれたラグを見て目を見張るリュウ。
「おい、これ…俺がつけた煙草の焦げ跡あるぞ!」
「おんなじ煙草のほうがいいかなって、ホープ買ってきて」
「ホープ!そうなんだよ、ホープがつくる焦げ跡はセブンなんちゃらがつける焦げ跡とは違うんだよ」
…とここでリュウ、視線を少し先に移し…「そして…さっきからパジャマ姿で寝そべってるそこのおまえ!」
気付くとしたらなによりもまずそっちな気がするんだけど(^^ゞリュウ、ここでようやく藤井に注目。
「人んちでえらそうに寝っ転がりやがって!」と、リュウに胸ぐらをつかまれて藤井くん大ピンチ。とっさに、
「…電気屋です!駅前の藤井電気です!」と叫んでしまう。

「…おまえほんとに電気屋か?電気屋っていったら、グレーの作業着だろ」
リュウがそう疑うのも無理ないですね。藤井くんまだパジャマなので(笑)
「ふ、普通ですね!いま町の電気屋は、そんなことでは生き残っていけないんです。制服ひとつにも、個性を出していかないと!分かりますか?」
「…まあなんとなく」
「お客様が安心を覚える色づかい、動きやすい服装…それを追求した結果、我が藤井電気では、こちらを制服として採用しました!」
「…パジャマをか?」
今は寝そべって「床の配線」を調べていたというかなり苦しい…苦しすぎる言い訳でパジャマの件はどうにか切り抜けたものの、
「さっき俺がこの部屋に入ってきた時、おまえカナと何してた?妙~にくっついてなかったか?…事と次第によっちゃあ…!」と、再び藤井に食ってかかるリュウ。
「暴力はいけません…!」と必死で叫ぶと、リュウは「暴力…」とつぶやいて手を止め、藤井を解放する。
「そうだな。腹が減ってるからいけねえんだ。メシにしよう」
それを聞いて、さきほどリュウが投げたピザを差し出す藤井。…確かにそれがいちばんてっとりばやい(笑)
「俺はピザが大っ嫌いなんだよ!いいか、俺の前でピザという言葉を口にするんじゃねえ」
ところがまたしても逆鱗にふれ、凄まれて「ひぃぃ~><」と悲愴な顔になる藤井くん…。お芝居とはいえなんだかごめんね(^^ゞ

「カナ、何か食べるものないか?」
リュウに問われ、キッチンに駆けていくカナ。「ごめん、冷蔵庫にろくなものが入ってない~」
「そうか。じゃあ俺、駅前のスーパーに買い出し行ってくるわ」
「私も行く!」
「いいっていいって、すぐ帰ってくるから。おまえはここにいろ」
しきりについていきたがるカナをなだめ、そのおでこにキスをして出かけていくリュウ。…6年ぶりの舞台、こんなオイシイ役でよかったねまぼ(笑)
個人的にはこっちのキスのほうが、さりげない感じでぐっときたかな。あのとおり美男美女やしもちろん絵にはなるんだけど、最初のはちょいと刺激が強すぎて…(笑)

このシーン。大阪では、小柄なカナがぴょんぴょん跳ねるようにしてまとわりつくのをリュウも真似してて。「ぴょーんぴょーんぴょーん♪」って声に出しつつ跳ねながら外へ出ていきました…楽しそう(笑)

+ + +

リュウが部屋を出ていってまた場面が変わるので、ここで区切ります。
たくさん読んでいただきありがとうございました!

コメント

登場するなりの超存在感&いきなり大人のちゅ~(笑)きゃ~(≧∇≦)ってなりながらも、お~いココはR指定要らないのか?って突っ込みたくなりましたよf(^^;)
こういうシーンがもし彼方さんだったら…耳キーンどころじゃ済まない悲鳴?上がるんだろうなぁ(^_^;)ハピバの時で“耳キーン”な歓声?だったからね(笑)

タンスの中の紫…超アウェイだった日のせいか、ウケてたの、私の周りには居なかった様な?(`∇´ゞ
本当、あの日は紫応援団?は少なかったんだろうと思いますf(^^;)タバコの種類の蘊蓄?には笑いが起きてましたがね。普通に考えても突っ込みたくなるか(笑)

床とアミーゴしてる時間、長かったね~(笑)その間二人だけな?世界してたから、やっといじってもらえたね~(笑)ってなりましたよf(^_^;)

*紫子さんへ*

紫子さん、こんばんは。

リュウの初登場シーン…雑誌の公演リポートに、大胆な…とか書かれていて、どんなものかなと思ってたんですが…実際見てみたら想像を遥かに越えるオトナ具合でした(笑)
ついでに、それをきゃーも言わずに静かに見ていられるまぼファンもまた、大人だなと^m^

誕生日のそれほどではないんでしょうけど、カーテンコールで増田くんが手を振った時のお客さんの歓声の張りがすごくて…さすがやな~って感動(?)しましたね~。
私もTOKIOライブの時はがんばっているつもりですけど、あんなにも黄色い声はもう出す自信がないなあって(^^ゞ

私は生まれてこのかた煙草を吸ったことがないので…煙草にまつわるくだりは正直、きょとんだったんですけど(笑)
それでも後でスーパーに行った時、煙草売り場でついついホープを探してしまいました(笑)
(でも残念、セブンなんちゃらはあったのにホープがなかったです…(^^ゞ)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。