05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『灰色のカナリア』 ♯5

2012.07.21 00:40|舞台

2012 513.2jpg


『灰色のカナリア』。
カーテンコールも含めてざっくりと分けてみたところ、予定ではこれを入れてあと5本…かな。まだそんなにあるんかい、という感じですが(^^ゞ
土日だし、暑さも少しは和らぎそうなので、止まってたぶんも進めれたらと思ってます。もしよろしければお付き合いくださいませ(笑)

どこに入るんだったかどうしても思い出せなくて、でも後の展開上どうしても要るシーンがいくつかあって…。ここで少し補足させてください。すみません(^^ゞ
気絶してしまい、洋服だんすの中に隠された桜子。そこからどうやって出てきたんだかは…思い出せないんだけど(^^ゞとりあえず、そこから出てくるんです。(でも意識は完全には戻ってなくて、床に倒れてたような。)
桜子の姿を見た藤井とリュウが目を剥いて、
「「知り合い?」」
「「(首を横に振りながら)いやいやいいや」」
…ってお互いに言うシーンがあったのと、
その後かな?電気屋が、目を覚ましかけた桜子を花瓶?みたいなもので殴ってもう一度気絶させてまた洋服だんすの中に隠して…っていうのを二回あったのと。

+ + +

ここから本題。えーと、この前は…リュウが上の階に炊飯ジャーを取りに行ってたところまででしたね。

やがて、炊飯ジャーを持ってリュウ帰宅。
「ジャジャジャジャーン♪」(『運命』の出だしのふしでどうぞ・笑)と言いながらカナに炊飯ジャーを見せて、
「米炊くぜぇ♪」
と言いながらキッチンへ。流行も取り入れつつね^m^
(そういえばまぼ、6年前の舞台の時は、たらこを口ずさんでんだったなあ…。その頃ちょうど流行ってたから・笑)
「そうだ、着替え、着替え…」と洋服だんすを開けたカナ、中にいた桜子を見て悲鳴を上げる。服が入ってるはずのところに人入ってたら、そりゃね…。
「あなた誰ですか?」と桜子に尋ねるカナ。うん、そりゃあ聞くわ。けどすぐ、「…もしかして、リュウのお友達?」って見当ついてしまうのがすごい…。昔実際にリュウのお友達が洋服だんすの中にいたことがあるんだったりして(^^ゞ
カナと桜子、女同士の火花が散りそうになったところへシマちゃんが現れる。
浄水器のトラブルがとってもまずいらしく、カナを連れて再び上の階へ。
外から戻ってきた藤井は部屋にいる桜子の姿を見て仰天。
「桜子さん!なんで?…血出てるし!」(電気屋に殴られたからね…(^^ゞ)
「GPSって言葉知らない?さて、じゃあ報告の続きを聞かせてもらいましょうか」
「やばいですよ。いいですか、この部屋では今朝からとんでもないことが起こり続けてるんです!」
「やばい橋を渡る覚悟はできてるわ」
そこで、リュウがキッチンから出てくる。…ちなみにこの時はつなぎの上からフリルのついたエプロン着用でした(爆)
その姿を見て「リュウ…」と声を上げる桜子。
そして見つめ合う二人。…ってこの展開、どこかで見たような…(^^ゞ
そして案の定、その後はオトナのキスパート2(笑)
「えーっ!?」とあっけにとられるする藤井くん。わかるよ、その気持ち…。カナだけじゃなくそっちもかい!みたいなね(^^ゞ

劇中で二度あるキスシーン。すでに書いたようにかなり大胆ではあったものの、遠目からだったり、角度的に少し離れた席からだったり…だったので、実際にはそんなね、まじまじとってわけじゃなくて。(我ながら何の話や…(^^ゞ)
ただ個人的楽日となった大阪夜の部の時が…席がわりとよかったのと、この時の二人の立ち位置がちょうど、座ってた席の真正面な感じだったので…もう、はい。大変でした(爆)

「前にも言ったでしょ、リュウのエプロン姿は見たくないって。男子厨房に入るべからず。私に任せて」
そう言ってリュウのエプロンを外してキッチンに行った桜子が、悲鳴を上げて出てくる。後ろから現れたのは電気屋。
「リュウ、この人が私のこと殴ったの!しかも二度も!」
そう桜子にすがられて、「なんだと?」と電気屋をにらむリュウ。仕掛けた一撃を電気屋がかわしてみせたのを見て、
「電気屋にしちゃやるじゃねーか」
「それほどでも…」
「でもおかげでこっちも本気モード入っちまうぜ!」(…と言いながらリュウ、変な決めポーズ・笑)
頭に血がのぼったリュウは、電気屋をぼこぼこにしてしまう。
手を出しちゃうっていうのは全然、まったくよくないことなんだけど…ドラマとかで見てたまぼの回し蹴りをこの目で見れたのにはちょっと、おっ!と思っちゃいました(^^ゞ

「やめてください、暴力は!」という藤井の叫び声で、ふと我に帰るリュウ。
「やっちまった…。約束したんだよ、カナと。こんなのカナに見せられない」
「おい、電気屋じゃねえほうの電気屋。電気屋の電気屋運ぶの手伝え」
(状況としては笑ってる場合じゃないんだけど、リュウのこの台詞は何度聞いても可笑しかった…笑)
そして二人がかりで、電気屋を洋服だんすの中に隠す。
洋服だんすを閉めて、「なんとか間に合ったな」と安堵するリュウ。

今までさんざんリュウに振り回されてきた藤井くん、ついにここで我慢の限界に。
「あなた一体誰なんですか?どうして今さら出てきたりしたんですか?」とリュウに詰め寄る。
「あ、自己紹介してなかったか?リュウだ」
本当にリュウなのなら、どうして顔を変えたりしたのかとさらに問い詰める藤井。
「俺は顔なんか変えてねえよ!」
…で、二人はけんか腰みたいな感じになって(もちろんそういう演技ですよ・笑)「はあ?」ってお互いに言い合うんですが。(もちろんそういう台詞だからですよ(^^ゞ)
このシーン、興奮してわーっと勢いよくしゃべる場面だからか、増田くんがちょっと、台詞を噛んじゃって。
「おまえ、何が「はあ?」だ。(←これは元々ある台詞)……しかも噛んでるし!」って、リュウにアドリブで言われてしまってました(^^ゞ
ちなみにこの件、後のカーテンコールにもひっぱることになります…。それはまたのちほど。

+ + +

他にこのあたりで起きること。
*シマちゃんが実はバンドのあと一人のメンバー、ショウだということが明らかになります。…世間狭っ(笑)
*上の階での浄水器のトラブル…これが登場人物が出たり入ったりする大元になってるわけですが。終盤、ついに本当に水が天井から降ってきます。だーっと。
*リュウがベッドの上に座って話を聞いてるシーンがあったんだけど、東京で観た時、藤井くんが脱いだパジャマがベッドの上に置きっぱなしになってたんですね。
そのパジャマをリュウが…というかまぼがきれいに畳んでたのが、なんかツボでした。…素を見たというか、いつも洗濯物こうして畳んでるんかなあって、妄想が広がる感じで(←?)
…以上、つながりがどうしても思い出せないものたち、また補足でした。。。

長くなったので切ります。しかもごちゃごちゃしちゃったなあ…。読んでくださった方、ありがとうございました!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。