06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいじょうぶ3組

2013.04.01 18:21|感想


写真の用意がまだなのでこれは先日のしだれ桜の写真ですが…ソメイヨシノも今、満開です。
4月の週末には散ってしまいそうで、お花見も昨日行ってきました。自分で出向くのはもっぱら近所な私、有名なところには行かないので人の多さにびびりつつ(笑)
写真もたくさん撮ってあるので、しばらくは桜でひっぱるつもり…。いつもなら桜の見頃ってもうあと一週間ほど先のはずですしね~。それくらいまでは(笑)

今日から4月ということで、新学期、新入学、新天地…新しい生活が始まる方も多いでしょうね。おめでとうございます。どうぞ、素敵なものになりますように。
ついでにうちの二匹の猫たちも4月の初め生まれ(推定)なのでそれもおめでとう。17才と5才になりました。
17才の子のほうに関しては、ほんのふたつき前には、もう誕生日を迎えられないのかもしれないと思ったので…喜びもひとしおです。
もうひとつ嬉しかったことといえば、体調を崩してから減る一方で、ついには2キロを切ってしまった体重が先日ようやく少し増えてまして!っていっても2キロを数グラム超えただけなのでまだまだなんですけどね~。でもいい兆しには変わりないので嬉しいです*

夕べ更新しようとしたらまた画面が出ず足止め。FC2、最近調子悪い時がちょこちょこあるみたいで…。
ブログもなんやかんやで長くやってるし、まあこういう時もあるか~と。こういう調子悪い時にむきになって記事を書き上げて、別の操作をしたとたんにそれが全部消えてへこむという経験も何度かしているので(^^ゞこういう時はおとなしく引き下がることにしてます(笑)
管理画面から見るのとはまた違うのかもしれないけど、せっかく来ていただいたのにブログ見れなかったって方がもしいらしたらごめんなさい…。これに懲りずにまたいらしてくださると嬉しいです。

さて。こないだの観てきた太一くんの映画。
あんまり後回しにしてると記憶が薄まってしまってどんなんやったっけ?ってなりそうなので(^^ゞぼちぼち感想を。
ねたばれしてる部分もあるかと思うので一応たたみますね。

今回太一くんは小学校の先生の役なので、舞台はもちろん小学校。
しかも今は少なくなっていそうな、レトロないい雰囲気の校舎ですね~。
教室の後ろの壁に貼り出された習字…!職員室…!体育倉庫の重たい扉…!そこにしまわれてるマット…!とか
画面に映るものがいちいち懐かしくてのっけから大変でした(笑)
自分でも予想外だったのは、給食の前に日直さんが「いただきます」って言って、続けてみんなで「いただきます」っていう…ほんとなんてことない場面。
自分が小学校の頃もあれ同じことやってて、映画の舞台は東京で私は関西なんだけど、言葉のイントネーションもおんなじで…。思わずうわーっ!って…。
…我ながらどこで感動してるんだか(^^ゞ
今のところ全然予定はないものの、先のことはまだ分からないので…将来保護者っていう立場で小学校に行く可能性もないわけではないけど(笑)生徒という立場ではもう二度と戻れないんだなあと思うと、画面に映る小学校を形作るいろんなものひとつひとつが、やけに懐かしかったです。

映画に出るのは実に6年ぶりで、今回の役も他にも俳優さんはたくさんいるのになんで自分に?と思ったって太一くん、雑誌でよく言ってたけど…私個人としてはこの役の話を聞いた時ああ分かる~って思ったんですよね。
太一くんって雰囲気が小学校の先生っぽいので。同じ先生でも、中学校や高校じゃなく小学校(笑)
演技をする太一くんってあまり接する機会がないのが現状だけど、私は太一くんの演技って好きです。はたしてこの感想でいいのかどうかはさておき、お芝居してます!って感じがあまりないというか…。この感じを表すのにちょうどいい言葉があったはずやのに思い出せへん…あ、”自然体”や(笑)
特に今回の役柄は、ほんとに、素の太一くんに近い感じで。長瀬くんやまぼ、役者ができるひとはTOKIO他にもいるけど、太一くんだからこそという役柄だったと思います。
恋人役の榮倉ななちゃんをハグするシーンは、ちょっとこしょばいというか…照れくさかったですけどね。
言うてもハグ止まりやのになんでやろな~。授業参観で子どもを見てる保護者の気分になるんかな(爆)

劇中で手紙を書くシーンでの、乙武さんの字のきれいなことには驚きました。
かたや太一くんが最初に黒板に書いた字は…まるで小学生のような(^^ゞ(最初に二人が教室に入ってくるシーンが、実際の撮影でも最初のシーンだったみたいだし、緊張もしてたんでしょうけけども。)でもだんだん上手になっていってましたね!

劇中にあったように、ちょっとしたきっかけでけんかが始まってしまったり、授業中泣き出す子がいたり…って自分が小学生の頃に実際によくあって。
小学生の頃っていろんな部分がまだ未熟で、感情もありのまま出してしまう部分が多くて先生も大変だろうと思うけど、そのぶん先生との距離がものすごく近かったなって。
私自身、5年の途中から6年まで担任をしてくださった先生のことが大好きで、よくくっついてました。
(私は小学校6年間、担任が男の先生だったことは一度もなかったんだけど…太一くんみたいな先生だったら、是非距離を詰めたいです・爆)
記憶の位置的にはいちばん遠くになってしまったけど、いちばん鮮明に憶えてるのは小学校の時のことだもんなあ…。

ドラマとかの学校ものに出てくる先生って、何かこう…熱血な感じの先生が多く感じるけど、
乙武さん演じる先生は口調が常に穏やかで、何かあった時も生徒たちに「どうしてかな?どうしたらいいのかな?」って静かに問いかけているその姿が、手足がない先生、ということ以上に印象的でした。
私が大好きだった担任の先生もこういう、問題が起こった時わーっと何か言うんじゃなくて、一緒に考えてくれる先生だったので…。心にすっと入ってきたように思います。
3組の子どもたちも、一人ひとり背丈も顔立ちもさまざまで、本当に学校の一クラスみたいでよかったです。


映画って、やることが決まってから実際に見るまでの期間がとても長いぶん、
エンドロールでいちばん最初にメンバーの名前が出るのを見るのはやっぱり感慨深いですね。
なかなか思い出すこともなくなってしまった、だけどとても楽しかった小学生時代のことも見てるうちに蘇ってきたりして、とってもよかったです。お疲れさまでした!
4月初めは何かとばたばただけど、それが落ち着いたらもう一回くらい観たいなあと思います^^

とりとめもなくつらつらと長く書いてしまいましたが…読んでいただいたてありがとうございました。
日曜の関西の番組の記事も、そのうち書きますね~。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。