08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/12 ピーチケパーチケ

2013.10.29 01:37|番組レポ
10月はじめに関西で放送された番組に、まぼがVTR出演していました。
TOKIOの名前で番組表検索したら引っかかってきて、番組タイトルからして「???」だったんですが一応録画してて(笑)舞台とかの情報を紹介する番組でした。ピーコさんとか出てました。だからタイトルがピーチケ…なの、か?
長く関西に住んでるけど、ちゃんと見たのはおそらくこれが初めてです(笑)

このところTOKIOブログらしからぬ記事が続いていたので…リハビリも兼ねて、続きに書いてみてます。
関西でしか放送されなかったもののようですし、つたない文章ですが少しでも雰囲気が伝われば嬉しいです*


文字の色で説明するまでもない感じですが、紫に色つけてるのがまぼがしゃべってる部分です~。

舞台の紹介の一環として、関西Jr.の男の子(お名前は中間くん。)が稽古中のまぼを訪ねてインタビューをする場面でまぼ登場。
同じ事務所の先輩、しかもなんとまぼとはこれが初対面ということでがちがちに緊張している中間くん。
まぼがいる部屋のドアをノックして、「失礼します、おはようございます!」と緊張しつつ室内へ…。

対するまぼはのっけから、「うっす!こんにちは!」と完全にいつものとおり。
ちなみに服装はというとサングラスをトッピングしたキャップに黒のチェックのシャツにベージュのベスト、。下は迷彩柄の短パンで履いてるのはつっかけ、という。これもまあいつものとおり?(笑)
握手をしたのち向かい合って椅子に座り、インタビュー開始……の前に、中間くんからインタビューの手土産として和歌山の美味しくて有名だという梅干の差し入れが。若いのによう出来た子やな~(笑)

―松岡くんが三谷さんの作品に出演されるのは初めてということですが?

「そうなんですよ。三谷さんの作品自体は多々拝見してますし、昔から僕も知ってますから。ただ、三谷さんワールドっていうものに、自分が入るとは思わなかったですね。だから意外だったし、意外だからこそ嬉しかったしね。(三谷さんは)いい意味でしっかり細かいところお作りになる方だから、すごく勉強になります」

―松岡くんはその中でどんな役なんですか?

「俺はね、やんちゃな次男坊なのよ。長男の子どもが二人いるんだけど、ジェイとアーティ。その甥っ子にいろんな教育をしてあげるという。こんな世の中もあるんだぜっていうのを教えてあげて、いなくなっていくみたいな。分かりやすく言えば寅さんだね。で、妹思いなんだよね」

つまりはまぼ、叔父さん、なんですね。
今回の舞台での役を聞いた時、7月にあった大阪のイベントで、かつての自分のソロ曲の話題になった時にまぼが言ってた「”僕の叔父さん”というより”僕が叔父さん”」という台詞を思い出した私です…(笑)

質問してそれに答える、というインタビューっぽい形だったのはだいたいこのへんまで…かな。次第に普通の先輩と後輩のお話しって感じになっていきました(笑)
そんな今回まぼが演じる役について聞いて、僕のイメージの中の松岡くんと本当に一緒です!と答える中間くん。

「どういうイメージなの?」
「兄貴分です」
「会ったこともないのに?」
「村上くんによくしていただいてて…」
「よくしていただいてるってなに?肩でももんでもらってんの?」
「いや、食事とか連れてってもらってて…」
あいつはね~、ほんとに困ったやつだよ、とまぼ。
「目の前にあるウケをすぐ拾おうとするからね、村上は(笑)」
太一くんの話とかにも、村上くんってちょいちょい出てきますよね~。なんだかんだ言って、それだけ先輩たちから愛されてるってことでしょうね(笑)

で、話を兄貴分のほうに戻して。
「でもやっぱり、村上くんとかから聞いてると、松岡くんはほんと兄貴肌だって」
「兄貴肌っていうか、そういう歳になっちゃったのよ。だってもう先輩より後輩のほうが多いじゃない、俺たち」
そうして、そのうちおまえもそんな風になるよ。なれますかね?目指します!…みたいなやりとりをしてると中間くんが唐突に、
「あの、共演者の方々…」
「…変わるね話!(笑)」
後のまぼの台詞から察するに、どうやらカンペが出たらしい(笑)たぶん、”共演者の印象は?”みたいな。
「おまえはカンペ通りに進めるな、えらいな。ほんとに城島に見習ってもらいたい!」
やはり出ました城島^m^この固有名詞がまぼの口から出ればまぼが元気なんだと分かる、私の中ではそんなバロメーターになってます(笑)

「中谷さんはもうご存知のとおり透明感のある素敵な女優さんだし、持ってらっしゃる自分の世界というものがあるから、そこが今回のベラという役にすごくはまってるしね。で、草笛さんはやっぱり大先輩ですし。身体がとっても柔らかい。で、若い二人もすごいパワーあって。20歳と27歳、すごい勢いもあるし、負けないようにしなきゃなって」

―もうすぐ本番ということで、緊張とかしますか?

「緊張というよりもね、どうやってやってやろうかなっていうのが多いね。緊張感はあるけど、緊張しないようにしてる。緊張するとろくなことないんで。緊張するとな、言いたいことも言えなくなるじゃない。…今日のおまえのように」(…と、目の前の彼@がちがちに緊張中、を見遣るまぼ・笑)

―では最後にテレビをご覧のみなさんに今回の舞台の見所を。

「そうですね。今回は素敵なキャストの方と、三谷さんマジックということで。今まで見たことのないテイストのものも含まれていると思います。とっても自信持ってお届けできる作品だと思いますんで、ぜひ森ノ宮ピロティホールでやってますので、足を運んでいただけたらと思います」

じゃあ今日はありがとうございました、とお互いに言って、インタビューが一区切りついたところで…おずおずと切り出す中間くん。

「僕も松兄と呼んでもいいですか?」
「松兄だろうがなんだろうがいいですよ」
「じゃあこのあと連絡先交換してもいいですか?」
「別にいいよ。っていうか関西ジャニーズってそういうの多いな。まず連絡先から入るよな(笑)」
始まる時はあんなに緊張していたのに最後には一気に連絡先まで!すごいです~。
ちなみにVTRのあとにあったスタジオのトークによると、まぼと一緒に食事に行く約束も取り付けたそうです。おめでとうございます(笑)



こんなところで。紫の文字がなんともまばゆい(笑)
文字を打ってるうちにまぼの台詞が過ぎていっちゃって、まあ録画してあるものなので何度でも巻き戻しながら書けばいい話ではあるんだけど、それにしても幾度巻き戻したことか(^^ゞ
前々から分かってはいたけど、やっぱりまぼってよどみなくすらすらとおしゃべりができるんだなあとこういう形でも実感したり。Jr.の彼が初対面ということはまぼも同じく初対面だったはずなのに、全然そんなの感じさせなかったし…。
いやはや、話をすることが苦手な私からするとうらやましいかぎりです(笑)

12月までまだまだ続く公演、まぼには身体に気をつけて楽しんでお仕事してほしいです。11月に観に行けるの楽しみにしてます。
では、ここまで読んでいただいてありがとうございました!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。