10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマソニ、行ってきました! そのさん

2014.08.28 00:33|ライブ


サマソニ記事、みっつめ。
曲の感想とか、書いていきます。なのでネタバレです~。
本文は続きへどうぞ*

合ってるかどうか、やっぱり自信がないですが…まずは改めてこの日の曲目を。

宙船
AMBITIOUS JAPAN!
WATER LIGHT
LOVE,HOLIDAY.
リリック
Sunset. Sunrise
LOVE YOU ONLY

宙船、そしてAMBITIOUS JAPAN!とファンでない方にも耳に覚えがあるであろう曲で、ライブスタート。TOKIOといえば、な曲なので観客のノリも抜群でした。
でも、これまで書いたようにあたり一面お客さんでぎゅうぎゅう。そんなの中でのライブは私は経験がなくて、最初は戸惑うばかり…。
あまりにぎゅうぎゅうなので動くとまわりの人に当たってしまうかも…となかなか動けなかったんですが、TOKIOの演奏を聴くうちに、できる範囲でジャンプしたり腕を振ったりしてる自分がいました。
TOKIOの音楽を聴くと、やっぱり自然に身体が動いちゃうんですよね*^^*
20周年ツアー、残念ながら私は関西の公演には行けないので…その分も思いの丈をこのサマソニでぶつけてきました!

WATAR LIGHT
アルバムACT2から。手拍子!とTOKIOに促されて、みんなで手拍子しながらのLOVE,HOLIDAY.。この曲のサビは歌詞がないから、観客みんなでWow~♪と自然に声を合わせて盛りがれて楽しかったです。

そして、ファン投票シングル部門の堂々1位のリリックへ。
最後のサビの前の、広い空へ…のところ、ほんとの空の下で聴いたらじーんとなりました。
決して激しい曲調ではないんだけど、演奏しているTOKIOが、バンド!って感じでかっこよくて…。あと長瀬くんがとにかくかっこよかったです(笑)
(スタンディングなので視界が常に流動的で、この時は長瀬くんがよく見えてた。)

Sunset. Sunrise
こちらもアルバムACT2から。もう10年近く前の曲になるんですね~。このサマソニで久しぶりに聴いたけど、歌詞の内容が20周年という節目のTOKIOにすごくぴったり合っているなと感じました。
またこういうタイトルなので、日没が近い光の中で聴くのは印象深かったです。

リーダーから衝撃のご無沙汰発言が飛び出した(笑)メンバー紹介を挟んだのち、
「向こう(別のステージ)では海外のアーティストがやってるけど、俺は今ここでみんなとLOVE YOU ONLYが歌いたいんだよ!」と長瀬くんが叫んで、
最後を飾ったのはLOVE YOU ONLY。
ラストの曲、しかもデビュー曲ってことで観客の盛り上がりがいよいよえらいことになって…。人と人が押し押され、みたいなすごい状況にもなったんですが、テコでもステージのTOKIOから目を離しませんでした。ファンの意地(笑)
ファンなのにこういうことを言っちゃあって感じなのですが…LOVE YOU ONLYって、発売時はそれこそオリコンで1位を獲ったわけでも、ものすごい枚数売り上げたわけでもなかったらしいですよね。
でも20年たって、こうして夏フェスという場所で演奏できる、なおかつこれだけ盛り上がる、そんなデビュー曲になったんだ…って。
やったやん!すごいやん!って、ステージで歌うTOKIOに向かってもみくちゃになりながらも心の中で呼びかけてました(笑)
しかし、こんなもみくちゃの中で聴いたLOVE YOU ONLYは初めてで…。もう何度となく聴いて歌ってきてるはずなのに、一緒に歌ってるうちにもう君なのか僕なのか、わけ分からなくなってきたくらいでした(笑)

そんな感じではちゃめちゃになっていたので、ライブの最後は普通5人手をつないで「WE ARE TOKIO!」ってするのがお約束ですが、それをやっていたのかも正直記憶がないです(^^ゞ
でも、太一くんがデジカメかスマホか分からないけど小さいのを出してきて、自分の前の観客を写真に撮って、「OK!」って感じで笑顔で親指立ててたのは見ました。
タヒチにサマソニのことが書かれた日に一緒に載ってたその写真…見渡すかぎり人で埋まったそれを見て、私は逆サイドだったけどきっと似たようなもんだったんだろうな…と改めてあの日のすごさを実感したり(笑)

とにかく暑い&ぎゅうぎゅうだったので、TOKIOの出番が終わった後は早々にステージのエリアから脱出。暑さと余韻とでしばらく呆然と…(^^ゞ
でもどこか、いつになく高揚してる自分もいました。
これまで、会場に行ったらちゃんと自分の席があって、空調も効いてて…そういうライブしか経験したことなかったのでいろんな面で大変だったけど、
お日様の下、風に吹かれて大好きなひとの音楽を生で聴くと、やっぱりハイになるものなんですね。



そしてなにより。
ステージにいるTOKIOが、目の前で盛り上がるお客さんを見て心底嬉しそうに、満足そうに、充実感いっぱいの表情をしてたのが、すごく印象的でした。
夏フェスだから、観客にはファン以外のひとも大勢いたはずで。ファンもそういうひとたちも含めてみんなが盛り上がってるっていうのが、TOKIOにとってすごく喜ばしいことだったんだろうなあ。
雑誌の撮影とかで、笑ってくださいって言われてする笑顔(まあ、TOKIOはそういう時の笑顔も自然だけど^^)とは違う、もしかして自分たちでも気付いてないじゃないかってくらい、自然な笑顔でした。長瀬くんとか、歌の合間にすごく無邪気ににこにこしてる時があって、ほんと可愛かったです。
TOKIOのそんな幸せそうな姿を見ていたら、暑さもぎゅうぎゅうなのも思わず吹き飛んで…よかったなって。
20周年という節目に、TOKIOにとってもファンにとっても、いい思い出を刻めたと思います。TOKIO、大好き。

もしまたTOKIOが夏フェスに出てくれるようなことがあったら…暑いよ~ぎゅうぎゅうだよ~と言いつつも再び行きそうな気が今はしています(笑)そんな、初めてのサマソニでした。

もし何か思い出したことがあったら書くかもしれないけど、サマソニについては以上です!
朝夕秋の気配も感じられるようになってきたというのに、だいぶ暑苦しい文章となりましたが(笑)読んでいただいてありがとうございました*

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。