04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEART福岡おみやげ話 そのいち

2014.10.30 01:04|ライブ


博多駅に着いて…まずはここへ。
福岡に来たらこのジュース屋さんで何か飲まないと、福岡に来た気がしません~。
福岡ライブの日、私と同じように考えたTOKIOファンでいくらかお店の売り上げに貢献できたかな。できてるといいな(笑)


お店の横にこんなオブジェを見つけたのでついでにぱちり。
ジュース飲みながらなにげなくお店のほうを見てたら、同じようにこれを写メしてる女の子がいて…もしかして今日の同志かなあと思ったり(笑)

あっというまに30日、どうも書き上げる前に武道館に出発する日になってしまいそうな気配むんむんですが(^^ゞ
(まあでも、体調はほぼ戻ったのでひと安心…*)
福岡おみやげ話スタートです。

J-webの日記で本人も話題にしてましたが…
福岡ライブのあった10月26日は、まぼが事務所に入った日。事務所に入ってちょうど25年の記念日だったそうです。
「おめでとう!四半世紀!」っていうリーダーの言葉を受けて、客席も拍手でお祝い。
一方、日にちまで覚えてるってすごいね~と普通に感心していたのが太一くん。太一くんは自分が事務所に入った日にちはとっくに忘れたらしく、
「13歳の三学期だったってことしか覚えてない」そうで(笑)

そこから、メンバーが事務所に入った時の話へ。

太一くんは、事務所入ったのってお姉さんが履歴書送ったのがきっかけだっけ?ってメンバーが言って、そこから太一くんのが事務所に入った時のエピソードに。
東久留米市の国分太一が、ジャニーズの国分太一としてデビューする、言ってみればもうひとつのデビュー話ですね^m^

お姉さんがある日、当時13歳の太一くんをスタイリングし始めたそうです。
「お姉ちゃんのボーダーのロンT着せられて、髪をコテで巻かれて」
「お姉ちゃんがカメラを持って机の上に乗って、こっち見て、って言って撮られた写真(上目遣いで可愛く見せる作戦?さすが実のお姉さん、弟の武器をよく知っている…^m^)が送られた」

太一くんはお姉さんが送ったのがきっかけっていうのは知ってたけど、細かなディテールは初めて聞きました。Tシャツ着せられたり髪を巻かれたり、お姉さんのスタイリングにされるがままなのが可愛い…。
そういえば太一くん然り、事務所に入るにあたって姉が弟を推した、ってパターンはよくあるけど、逆(妹が兄を)は聞かないですよね。
やっぱり姉弟の力関係というか…年下の弟だからこそ、”履歴書送ったからとりあえず受けて来て”的なことができるのかな(笑)

「それがあって、今ここにいるわけだもんね」「ヤスコのおかげだね~」
他のメンバーが感慨深げに感想を述べる中、「呼び捨てにするな~!」と突如叫ぶ太一くん。たとえメンバーでも、自分のジャニーズ入りの恩人であるお姉さんが呼び捨てにされるのは我慢ならない?^m^
(余談ですがまぼが唐突に「ヤスコとタイチ!」って叫んでたなあ…。太一くんのお姉さんの名前がヤスコさんなので、自分のドラマに絡めてこれをどうしても言いたいらしい…笑)

もちろん本人の努力なしには今の太一くんはなかったと思うけど、きっかけをつくってくださったという意味で、いちTOKIOファンとしてもヤスコお姉さんには感謝です。
”うちの弟可愛いからいける!”(…という気持ちがきっかけだったかどうかは知りませんが・笑)と思ってくださってありがとうございます^m^


続いて、まぼが事務所に入ったきっかけの話。

「お袋が読んでた雑誌に光GENJIが載ってて、それを見て雑誌の会社に電話したの。僕もジャニーズ入りたいんですけど、事務所の連絡先教えてもらえませんかって。そしたら教えてくれて」
ちなみにまぼは当時小学5年生だったそう。すごい行動力(・○・)
そうして連絡先を教えてもらって、事務所に電話をかけたら、
「まず履歴書送ってきて。そのあと、オーディション受けてもらうから」と。
それに対して松岡少年は、「履歴書ってなんですか?オーディションってなんですか?」
まあ、小学5年生ですからね…。しかも家族がどうこうとかじゃなく自分からいってますからね。無理もないリアクション。

とりあえず、写真を送ってと言われたので、まず写真だと思った松岡少年。
「団地の下の写真屋行って、証明写真用の写真一枚撮ってくださいって言って」
そして履歴書…
「履歴書送るっていっても、小学5年だから履歴も何もないんだよ!履歴がねえ!」
まぼのその言葉に、「確かに~!」と叫ぶ他の4人。
小学校卒業、すらまだしてませんからね、小5じゃあ(笑)

で、その「履歴がねえ!」っていうフレーズがが吉いくぞうさんみたいだって誰かが言い出して、
「履歴がねえ!なんにもねえ!」
(かの有名な”テレビもねえ!ラジオもねえ!”の替え歌でどうぞ・笑)
「でもオラ東京さ行くだ、みたいな!」
と、なんだか異様に盛り上がってました(笑)
しまいには、その「履歴がねえ!」が相当ツボにはまったのかそれに合わせてステップなんぞ踏んでみるまぼ…。
おかげで、帰りの新幹線の中でも「履歴がねえ!」が頭の中でずーっと回ってました(^^ゞ

…話を元に戻すと。
25年前の松岡少年が履歴書を送って(「履歴がねえ!」ので”○○小学校在学中”とでも書いたんでしょうかね。)オーディションを受けて、晴れて合格して事務所に入ったのが、25年前のこの日、10月26日だったと。単に入れただけじゃなくて、25年後の同じ日にもこうしてお仕事ができてるって、考えてみたらなかなかすごいことだもんね。いやめでたい!
ちなみに、履歴書を送った後に受けたオーディションで、初めてジャニ―さんに会ったまぼ。YOUなんとかかんとか…って話しかけられて、
「YOUって呼ぶな!」って返したそうです…初対面のジャニ―さんに。。。
…なんというか、ジャニーズ入りたかったわりにはのっけからとんがってたんだね(^^ゞ

お姉さんに推されて入ったひと、自分から向かっていったひと…色々だけど、他にもたくさんの人がいた中からこの5人が出会ってTOKIOになって、
そして今年20周年…。
なんていうか、これぞまさに”縁”やなあ…って話を聞きながらしみじみしてしまいました。
この5人を巡り合わせてくれたいろんなひとに、改めて、ありがとう。

ひとまず、ここまで~。読んでいただいてありがとうございました!


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。