10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEART武道館おみやげ話 そのさん

2014.11.25 13:51|ライブ


武道館一日目のMC。
「やっと武道館5人で立ったね!」というTOKIOの言葉に、客席からは大歓声!8月にも5人とも武道館にいたけど、ステージ上に上がったのはリーダー一人でしたからね~。
あのマラソンのゴール直前…TOKIO5人一緒にゴールしたいリーダーと、後輩を立てる意味でも一人で行かせたい4人とのすったもんだがありましたが、
リーダー一人でもゴールしようって決めてくれてよかったよね、としみじみ振り返るメンバーたち。
「あれ、もしリーダーが俺らを呼んでるところで放送が終わってたら俺らのせいだからね」とも(^^ゞ

というわけで今回は、リーダーのマラソンについてのあれこれを。到底分けて覚えてられなかったので、一日目も二日目もごっちゃです…。

リーダーのマラソンは、沿道からの応援が本当にすごかったのが印象的でした。
東京と神奈川の県境あたりにすごくきつい坂があって、リーダーが苦戦していたら、50代くらいの男の人に「山口くんは(かつてマラソンを走った時に)この坂上ったぞ!」と声をかけられて、「山口が行ったのなら自分も!」とふんばるきっかけになったとか。
その男の人、山口くんの時も見ててくれたんだね~とメンバー同士話してました。

そしてやっぱり、ゴール手前5キロからのリーダーの激走ぶりが話題に。
足の痛みなどもあってペースが落ち、このままでは放送時間内のゴールが厳しいと知らされて半ば諦めモードになっていたリーダー。
横断歩道で信号待ちをしていたら、サラリーマンとおぼしき男性三人組が、「リーダー!リーダー!リーダー!」と声援を送ってきて。
気持ちが後ろ向きになっている時だったので、「そんなん言われたって無理やん…」と内心思っていたそうなのですが、
傍について一緒に走ってくれてたスタッフさんも彼らに気付いて、小声でぼそっと、
「…勝手ですよね。みんな、絶対ゴールできるって信じてるんですよ」と。

その言葉を聞いて、一気に火がついて走り出した、とリーダー言ってました。
マラソンのドキュメンタリーとかも見たけどこの件は初めて聞いたので、なんか…このスタッフさん巧みやわ~!…って唸ってしまいました。なんていうか…リーダーってもしかしてツンデレに弱い?^m^
直球ではなく、やや遠回しに背中を押してるわけですもんね。それにこのスタッフさん、言葉のチョイスがリーダー自身と重なるところがあるような。
下がって下がって…下がったと思ったら一気にすぱーん!と走り出すリーダーの姿…さながらチョロQみたいでした。この例えでいいのかはともかく(笑)ほんとにすごかった!

そして、そんなリーダーを待つ他のメンバー4人の裏話も。
放送時間内のゴールが無理だった場合のために、「何パターンか用意してくれてて」。(byまぼ)
放送時間内に間に合わなければその後の番組内で、そこにも間に合わなければさらに後の番組で、さらに無理なら翌朝の番組で…とどんどん繰り下げていく手はずになっていたそうで。
もちろん放送時間内にゴールできるのがいちばんだけど、無理だった場合に向けてそろそろ準備を始めようか…という頃合いに突如リーダーが走り出したので、メンバーと一緒にテレビを見ていた日テレのお偉いさんが「城島来たな!」と叫んだらしい(笑)
リーダーが走り出したと聞いて、メンバー4人も大あわてでスタンバイ。
そんなこんなで、ゴール直前にリーダーの元に4人が合流した時もばたばた状態。私服姿のまんま突撃したので、警備のひとにもそしてリーダー自身にさえも輩だと思われることに(笑)

そして、放送時間内に、リーダーが無事ゴールした後。
感極まって号泣している村上くんに小声で「ほんまはタクシーでここまで来てん」と言ったら、
「本気で感動してるのにそういうこと言わんといてください!」と肘鉄付きで怒られた…と振り返るリーダー。
後輩に、しかも本来褒め称えられるはずの場面で、本気で叱られる40代…(^^ゞ
でもメンバーは、普通泣いてもおかしくない状況なのに、そういうジョークを交える余裕がすごいよね、と感心してました。

リーダーいわく、ゴールしても泣かなかったのは、それよりも前にもっと泣ける出来事があっからだそうで。
それは神奈川と東京の県境、多摩川あたり。
リーダーが休憩所で休んでたら突然男の人が一人入ってきて、誰かと思ったら「いてもたってもいられなくて来た」という山口くんだったそうで。
「あのあたりが体力的にもいちばんきついはずだから、テレビで見てたんだけど、これはちょっと行こうと思って車を運転して近くまで行ったんだよね」とさらりと答える山口くん。
「それってオンエアにのってた?」と聞かれて「いや」と首を横に振る山口くんを見て、「やっぱり城島バンドなんだよな~!」とまぼがうらやましがってました。
その時二人の間でどんなやりとりがあったのかまでは話してなかったけど、番組でのオンエアに関係なく、山口くんが自分の元に駆け付けてくれたっていうそのことだけで、リーダーにとってはすごく力になったんだろうなって。

少し話がそれるんですが…東京滞在中、横浜で見たい展覧会があったので横浜に行って…東京に戻るのに東横線に乗ったんですね。
途中、多摩川っていう駅のところで窓の向こうに川が見えて、おおこれがTOKIOが話してた多摩川か~!とまじまじと見つめてきました。
電車だとほんとあっというまだけど、リーダーは自分の足で走ったんだな…と思うと電車に乗ってる時間もいつになく感慨深かったです。
そういえばリーダーは、武道館ライブの挨拶で「武道館まで高速道路だとあっというまで、高速道路ってすごい!」と唐突に高速道路をほめてたなあ(笑)

話を元に戻して。
そして山口くんがつくづく、「あのマラソンでゴールしても泣かないのにさ、なんで舟屋の床板で泣くの?」と言って、客席大爆笑!もう、みんな思ってるよね、それはね(笑)
あの時って、兄ぃとリーダーと俺と三人だけだったじゃん、とあの床板事件(笑)の撮影当時を振り返るまぼ。
「(リーダーが突然泣き出したのを見て)この人、いよいよ来るとこまで来たかと思って」
私たちは編集されてナレーションやテロップが入って、番組としてあれを見たけど、まぼからしたら目の前でリーダーがリアルに泣き出したわけですから…そら仰天しますよね(^^ゞ
「あの撮影って朝10時くらいで結構早かったじゃん。だから、昨日の酒が残ってたかだよね」と山口くんに冷静に分析されてリーダー撃沈。。。
その後、「だって松岡、優しいから~」とリーダーはあの時と同じことを改めて言ってくれてました。
いや、でもほんと、あの床板の一件はマラソンやフェスや20周年ツアーと並ぶ、2014年の思い出のひとつだと思ってます^m^

ひとまずこんなところで~。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。