07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験の神様 第四話

2007.08.05 03:44|感想
「おしょうゆと間違えて、ソース上からかけちゃったことあったじゃない?」(by勇母)
勇パパのように、しょうゆとソースを間違えた経験はありませんが…

紅茶に、砂糖と間違えて塩を入れたことならある杏子です。こんばんは。

えっ、味?…不味かったですよ。当然。
不味いのは飲まなくても分かってたんだけどね。何事も経験やから(笑)

勇パパがお母さんと東京駅で話してる時、横にちらっとマクドが映ってますよね。(※関西人はマックではなくマクドと呼びます。たいていは。)
東京駅構内のマクド、ライブの帰り際とかにお世話になったことあるので、思わず凝視してしまいました。

では第四話感想を。夢中になって書いたら、相当長くなってた…。

広が泣きながら走っていき、道子が牛と対峙してるとこで終わった先週。
広、戻ってはきたものの…勇パパのダジャレも、朝ごはんのオムレツも無視。(ケチャップで書いた文字が「早田合格」であること、リピートして分かりました。)傷は深そうです。
「一人で頑張る。今さら、僕だけ教えてもらえないから…」
広ーーー!君はなんて優しい子なんだ。うるうるきちゃったよ。。。
と言いつつ、ホットミルクを運んできた勇パパの洗いざらしっぽい髪に、こっそりどきどきしていたのは内緒です(笑)

広とめぐみとよしつぐ、三人で参加することとなった合宿。
ロケ地…村ですか?(笑)
畑が広がる景色も、囲炉裏端のある家も、連想させてしょうがないです。

そこで広を待っていた、もうひとつのもの…初恋
「大丈夫?なんか、元気ないみたいだけど…。ファイトファイトp(^^)q」
輝く笑顔。スローモーションでさらりと揺れるロングヘアー。
広、どきゅーん!
ハートに矢がささっちゃいましたね。一目惚れだー。何を隠そう、私も初恋は一目惚れで…って、私のことはどうでもいいですね(^^ゞ
その後何かにつけ、彼女、アキちゃんのことを目で追ってしまう広。というかヒロリン(笑)

二日目は山登り。
制服のまま、足元もローファー、といういでたちで山に登れる道子…。さすがは神様(苦笑)
午前一時の目覚ましの音と共に下った、
「日の出までに戻れなければクビ」
(って何を?道子の生徒を?)という指令。
なぜか広のことを目の敵にしているリョーコちゃんの手によって、その部分は破り捨てられてしまい…。どうなる広!
続きはまた明日!…にはしない。書きます(笑)
「懐中電灯の明かりに集まってくるから!」
虫にパニックになるめぐみをなだめる広、なんだか頼もしいです☆

一方。取引先の信頼を取り戻すため、雨の中で会社の前に立ち続ける勇パパ。
「広のところは晴れてるのに、こっちはずーっと雨なんだね」
と、一緒に見てた母が。
…車で何時間もかかるみたいだから、きっと天気も違うんだよ、うん。

リョーコちゃんに、目印の赤い紐までも捨てられてしまうも…
夏の大三角や、木の年輪などを頼りに、歩を進める広たち。三人の絆も、自然に強まったようですね。
そして、無事ゴール!!

面白くなさげな様子で座り込むリョーコちゃんに、歩み寄る道子。
「人の足をひっぱるなら、もっとうまくやることね」
なぜ気付いてる道子…。やっぱり神様だから?
まあ、受験の神様でなくとも、神様は見てますからね。できないんですよ、悪いことは。
でも、どうしてリョーコちゃんは広のことを煙たく思ったんだろう。女の子同士でも嫉妬って…ああ、あるかもな。
とりわけ、アキちゃんみたいにほわわんとした子だとね。私が守らなきゃ、みたいな気持ちになるのかもしれない。そう思うと、リョーコちゃんのことも、いやなこだとは決めつけられないなあ。誰にだって独占欲はあるもの。

…すみませんね、なんか。ドラマと関係ない方向いっちゃってて。
私昔っから、本を読んだりドラマを見たりすると、話そのものには描かれてない気持ちまで、いろいろと思い巡らす癖があって…。
良くも悪くも影響されすぎちゃうので、あまりにも重い話や理不尽すぎる展開は苦手だったりします。うっかり見ちゃうと、鬼にでも会ってきたか?みたいな真っ青な顔になってるらしい(苦笑)
フィクションだって、頭では分かってるつもりでも、どうもねえ。客観性が足りないのと、感情移入しすぎるのが原因かなあ。ドラマ見たりするともう、あっちへこっちへ心がジェットコースターですから。(なので実は、普段あんまりドラマ見ない…。)
もっと落ち着かなきゃって、思ってはいるんですけど。
その点このドラマは、紆余曲折あっても着地点では比較的ほっとできるので、助かります。

…話が反れましたね。戻そう。
「二人を利用するって言ったのは、協力するってことだろ?」
「…ばかみたい」
勇パパや広が良い方向に捉えて言ったことに、毎回にべもない返答をする道子。あまりに見事なばっさり感なので、むしろ一種の楽しみになりつつあります。今度はどうくる?みたいな(笑)
いつも手に提げている紙袋の中身といい、謎が多い道子ですが…これから徐々に明らかになってくるんでしょうね。
つるげーねふ(違)のそばで星を見上げてた姿は、ロボット女のメッキが少し、はがれて見えて…。普通の中学生っぽかったし。

最後、勇パパが運転する車で帰路に着くシーン。
「連れてきてくれて、ありがとう」
と言った広の頭を…
運転席から手を伸ばして、ぽんぽん、って。
○×▲◇★◎!!!(←言葉にならないらしい)
最後の最後にすごいのが来た…。
「山口くんにされてみたいことリスト」に書き加えておかなきゃ。(いつ、どこで活用する気だ?!)

あともう少し、箇条書き。
梅沢家の天井は、コンクリート打ちっぱなしなんですね~。そしてやっぱりすごく天井高い。
アキちゃんの家庭も、やはり誰かがダジャレ好きだったり、するんでしょうか(笑)
よしつぐくんとその弟って、本当に兄弟なんや…。TV誌見て知りました。
「夜中に?山から?」
めぐみママのこの口調、思わず紗耶香を思い出しました。人が怒鳴ったり怒ったりするのを聞くと、たとえ作り話であってもつらくなってしまうんだけど…須藤さんの声は、怒ってもそんなにきつく感じないの。すかっと、気風が良いっていうのかな。だから好き。
今回は妹も一緒に見てて。広を見てぽつりと、
「…可愛い」って。
広ってば、めちゃモテです。

すっかり長くなってしまいました…。たくさん読んで下さって、ありがとうございました。
多分、最終回までこんな感じかと。よろしければまた、付き合ってやってくださいね。


来週は…ななな、なに数列やって??
舌噛みそうな名前やな…汗

テーマ:TOKIO
ジャンル:アイドル・芸能

コメント

「おぅ・・・」

そう、広くんから、お礼を言われて・・・
運転しながら、頭、ぽんぽん(笑)
このシーンで、もう、すべてOK!って感じです。

私も、感情移入しすぎるんでしょうか。
重いドラマ、暗いドラマ、主人公が病気のドラマ
苦手なんです・・・
(長瀬くんと山口くんが出てたのは、みましたが・・)

最後は3人が仲良くなれて、
こらから受験を通して
何かを見つけていくような展開になりそうですね。

ふうらさん、こんばんは~。

最後のあのシーン。
勇パパと広のあいだに挟まれてる、車の座席でも
いいから、成り代わりたいって思いました(笑)

感情移入しすぎる視聴者…作る側からしたら、
願ったり叶ったりかもしれないですね~。
私も、メンバーが出ていれば、多少しんどくても
見るんですが…見てるあいだずっと、指を組んで
お祈りのポーズでいてしまいます。なぜか(^^ゞ

同じ目標を持つ二人と打ち解けることができて、
広もきっと心強いでしょうね(^ー^)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。