07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム リクエストSP

2009.04.02 12:42|TOKIOな日々

2009 152.2jpg


4月のスタートは、くもり空時々雨、の一日。。。肌寒い新年度になりました。
仕事が終わった後、職場のそばの公園(…と呼べるか呼べないかぐらいの小さなスペース)へ。まだちらほら咲きだったものの、ここの桜の木は私の目の高さにまで枝が垂れていて、間近に花を見られるのでお気に入りです。満開のとき木の下に立つと、それこそ桜のシャワー状態。今の時期は仕事できりきりまいだったりもするので、ほんとうにほっとします。。。

たぶんね、天気の良い日のほうが光が回るから、写真でも桜の淡い色がもっと映えるんでしょうけど…これはこれで綺麗だなって。花の色と空の色がほぼ一緒で、今にも溶けていきそうでした。。。

さて、遅ればせながら先日のリクエストSP。長くなったので続きに。

未公開シーンとして、ゲスト出演時、まぼがメンバーそれぞれについて語っている部分がオンエアされました。…って、またずいぶんええとこをカットされてたんやな(苦笑)

リーダーはまぼにとって…ここではオトンといってましたが…そういう、親みたいな存在だったと。もうひとつ、お互いにひとりっこ同士というつながりもあって。
「おかずばっかり食べんとごはんも食べ~。おかずなくなるで!」
もうね、リーダーのこれは名言ですね。おかずがなくなる~の部分は初めて聞いたなあ。メモっとこ(笑)
半分ネタのような感じで(笑)何度も聞いてきた台詞ですけど、これを聞くたび、リーダーってほんと、昔からしっかりさんだったんだなあって思います。自分がいちばん年長だから、年下の面倒を見ないと…という気負い?みたいなものも、当然あったんだろうけど…。
この時まぼが中学生ぐらいってことは、リーダーもまだ20歳そこそこでしょ。私がいま中学生の子にこんなふうに言えるかって考えたら…言えないもんなあ。こんなふうにお母さんのような重みを持たせてはとても(笑)

長瀬くんについて言う時は、言葉の端に、あんな小さくて可愛かったのに、いつのまにか大きくなっちゃって…。という色がにじみまくり(笑)長瀬くんのこと、ほんとの弟みたいに可愛くって仕方がなかったんだろうなあって伝わってきました。まぼ自身はひとりっこでもあるしなおさら。
面倒見のいい人だから、可愛がってる後輩は他にも大勢いただろうけど、やっぱり別格だったんでしょうね。
番組とかだと並びが隣だから、まぼが一生懸命これはこうでこうで…と説明しようとしてて、長瀬くんがそれを横でぽわ~っと聞いてるという絵を時々見かけるけど、そうやってお兄さん風(って、実際お兄さんなんやけどさ・笑)を吹かせようとすればするほど、なぜかまぼのほうが可愛く見えてしまう今日この頃…。あれですかね、長瀬くんが大きくなった分、二人の間も縮まってきたんですかね(笑)

そして太一くん。
ジュニア時代、部屋でゲームしてる太一くんにドア越しに声かけたけど反応なかった、ってまぼが言うのを聞いて、その光景を見たわけでもないのに、あ~分かる。って思っちゃいました。
オカンみたい、真逆、弟みたい…そんなふうに形容できる中にあって、面白いなと思うのがこの二人です。そりが合わないわけじゃない、むしろほぼ同じともいえるくらいに気質が似てて、似てるからこその反発…だと言葉が大きいかな、カワイクナイ対応をしてしまった頃があったっていうのが。磁石でも、同じ極同士はくっつきたがりませんしね。
ステージの後ろに留まって演奏をするという共通点もあるからか、二人ともすごくまわりを見てるなって思うし、細やかにいろんなことを感じ取って気を回す、そういうところのある二人だから。口をきかなくても向こうが何を考えてるのか分かってしまう、分かってしまうから逆に素直になれなくなってしまう…関係の例えとしては変かもしれないけど、反抗期みたいなものだったのかもしれませんね。件のドア越しに声をかけたっていうのにしても、きっとまぼのことだから太一くんのことを何かで気にかけていて、そして太一くんもまた、まぼが何かそうやって自分を気にして声をかけてきていることは分かってたんだろうなあって。
いったんその反抗期が過ぎたら、そういうのがあった分強くなるとも思うんですよね。磁石の同極はくっかないけど、人はくっつくというか。この二人は強いと思います、ほんと。
曲のキメの音を合わすのに、二人が後ろでタイミングをはかってる姿とか、大好きですし。目と目を合わせてその目線だけで、「せーの。」(これね、自分でもアンサンブルを演奏する時にやったことありますけど、位置が離れているからこそどきどきします・笑)ってやってる瞬間に出会えた日にはもう、神さまありがとうもんです。これからも二人仲良く、私を惑わせてください(笑)

こういう、メンバーについての語りになると、ついつい気持ちが入って長くなっちゃって…。いったん切りますね。

トーク中、クッションを膝にのせてたまぼ。もう少しプッシュ(例えば赤面モノの過去VTRとかで・笑)すれば、このクッションを胸に抱えるとこまでいったと思うねんけどなあ、惜しい~って一体何をさせたいねん私…(^^ゞ

2009 151.2jpg


日差しはあっても風は冷たくて…まさに花冷えですね。どうかお風邪など 召されませんように*

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。