07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業。。。

2009.04.20 17:00|TOKIOな日々

2009 242.2jpg


仕事人、源太の卒業。
元々、どんな筋書きのものにも感情移入しすぎてしまうきらいがあるので、こうも衝撃的なものとなると、やっぱり、あんまり上手くはまとめられませんでしたが…。自分なりに、いま書けるだけ書いてみました。


源太の卒業。
まさか仕事人たちの中の誰かがその手にかけるんじゃ…(迷いが生じて仕事が乱れた源太に、そんなことではいつかへまをする、もしそうなれば叩ききる、みたいなことを小五郎さんが言ってましたし…。)、と悶々としていたのが外れたのは、良かった…といっていいのかどうか。。。

浅野さん演じる、源太の母親を名乗る女…あれ、名前忘れた(^^ゞお富、だったっけ?
源太の前に突如現れて、母親のようにあたたかく振る舞っていたかと思いきや、しだれ桜の下でのあの変貌ぶり!豹変、という言葉はこういうことをいうのかと、呆然としてしまいました。
信じたいんだ、と振り絞るように言った源太の気持ちを思うとうやりきれなくて、お芝居とは分かっていても、見ていて浅野さんに腹が立ってしょうがなくて(苦笑)すみません浅野さん…。
落ち着いて考えてみたら、そこまで感情移入できるほどの迫真の演技だってことでもあって、すごいなとも思うんですけどね。

なかなか、この卒業について書くことに気持ちを持っていけない中、次の週がきて…。源太不在の仕事人。
たとえお話しの中であっても、今までそこにいた誰かがいなくなるというのはこうもさみしいのかと…。
先週の放送で散っていった源太の存在と、今週ここにいない源太の存在。不在の存在?…言葉にするとなんだか妙なんですけど、どちらも、同じくらい衝撃でした。

どんな極悪人でも、そのそれまで歩んできた人生と、成敗されることがなければ続いていくはずだった人生があって。
仕事によって悪を絶つことは同時に、悪人のその人生も絶つということなんですよね。もう二度と取り返せないものを奪ってしまうこと。
頼み人の無念はもちろんですけど、仕事人たちは、絶ってしまった悪人の人生も背負ってるんだなあって。小五郎さんや涼次がよく「俺たちが行く先は地獄しかない」と言っているのは、そんなことも関係しているのかな…ってふと思ったりしました。私自身、お芝居とはいえ、人がいなくなっていくのは実際かなりこたえるし、いいのかと思ってしまう時もあるので…。そして、源太も多分、そこに苦しんでいたんじゃないのかな…。

2009 166.2jpg


そして今日。
新仕事人として、田中くんが加入することが発表されましたね。
大倉くんの卒業を聞いた時点でなんとなく予想していた展開ではあったので、さほど驚きというのはなかったです。そうか~カズ(私の中では未だに、マイボス~のこの役のイメージ…。)か~って感じで。
役名の名付け親はまぼだそうで…。携帯で”レン”というこのヘンテコな漢字を見つけたって…私も打ってみたけど出んかったで、とインターネットのニュースの画面相手に思わずツッコミしてしまいましたが(笑)…私の携帯は買ったのが三年前だからか?
このレンって漢字、PCのキーボードで打ってみても出なかった…。というか、こんな漢字今まで見たことなかった(^^ゞ囲われてる中身が、”瞼”という字の右半分に似てるな?ぐらいで。
どんな意味があるのか(そしてなんと打ったらPCで出せるのか)、後で調べてみよう。。。


涼次が仕事に使う鍼を仕込んだあの絵筆ね、涼次が源太に頼んで作ってもらったもの、って仕事人本に書いてあったんですよ。
これは、変わらないですよね?…変わらないでね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。