07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Gift of Nothing

2009.07.30 01:09|思うこと

2009 581.2jpg


いまこれを書きながら聴いているのは、『歩き出した夏』。KinKi剛くんのソロ第一弾アルバムに入っている曲です。
ジャンルでくくるとしたら一応ラブソングかなあと思うけど、友達や子どもや親や…自分にとって大切な”誰か”なら、なんにでも置き換えて聴けそうな曲です。
今日という日は、その曲が聴きたくなる日。

え~と、今日はTOKIOの話じゃありません、すみません(笑)私が書きたいから書く話です。。。微妙にこっぱずかしいので隠します(笑)

2009 593.2jpg


今日は、私の親友の誕生日。出会って来年で10年、なので今年はプレ10周年です(笑)

彼女は自分にとっての”特別”かもしれないと感じたのは、わりとすぐ…二回目くらいに会った時。母を交えて、この子しゃべらないでしょう~ほんと人見知りで~みたいな話になって。それに彼女は、

「全然そんなことないですよ~。頷いたり、笑ったりもしてくれるし」

そう、言ってくれたんです。
ただそれだけ。でも当時今以上に、会う人ごとに、おとなしいね、しゃべらないねと言われ続けていて、またそう言われるものと思っていた私には、天地がひっくり返るほどの衝撃でした。
誰かに話をすることの楽しさ、それを受け止めてもらえることの嬉しさを、彼女と言葉を重ねることで知っていったと思います。それがなかったら、もしかしたらいまこうしてブログを書いたりもしていなかったかもなあ…って。
(なんでも彼女は私に会う前、「ものすごくおとなしい、全然しゃべらない子」と聞かされていたのらしい(^^ゞ確かに当時の人見知りはすさまじかったし、今もそんなに得意じゃないけど…泣いたり笑ったりは一人で三人前!くらいやります。今はね・笑)

出会った頃私は年齢的にも中身も本当の子どもで、おまけに彼女とは家庭教師とその生徒として知り合って、立場上は”先生”だったわけですが…上からものを言われたり子ども扱いされた記憶がないんですよね。
今も昔も、上手じゃない私の話に耳を傾けて、受け止めて、一緒に考えてくれます。常に同じ目の高さで。ほんとにすごいなと思うし、尊敬するところです。

2009 592.2jpg


"The Gift of Nothing"


今年、誕生日プレゼントのひとつとして選んだ絵本。
タイトルは知ってはいたものの中身までは知らなくて…本屋さんで読んで、即決。シンプルな絵と、これ以上ないほどそぎ落とされた簡潔な文章。だけど、じわっときます。
読んでみるまで、登場するのは両方犬だと思ってたんですが…黒い色のほう、猫でした(笑)そう言われればしっぽが長い…。

何を言った言われたとか、何をあげたもらったとか、そういうことじゃなくて、

”出会って、一緒にいる”

大切だから、あれこれがんばっちゃったり…伝えたいから、気持ちが強くなりすぎてわけわかんなくなっちゃったり。そういうことって実際あるし、それももちろんいいことなんだけどでも、

”出会って、一緒にいる” それがいちばんすごくて、それだけでいいんだって思える、そんなお話し。


その存在が、それだけで自分の力になること。そして、それまでは考えたこともなかった、自分の存在が、誰かの力になること。
私にそれを教えてくれたのが、彼女と、そしてTOKIOでした。
ほんとうに、ほんとうに、ありがとうって思います。


剛くんの歌いまねがあ然とするほど上手いKちゃん、
電話で話してるといつのまにか話があっちへこっちへ飛ぶ(面白いので軌道修正せずにそのまま聞いてますが・笑)Kちゃん、
お誕生日、おめでとう。誰よりも頑張りやさんで、一生懸命で、愛あるあなたに…幸あれ☆

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。