07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

杏子

Author:杏子
関西に住んでいます
TOKIOが大好きです

拙い文章ではありますが、
メッセージいただけたら
とても嬉しいです
■ギャル文字
■いきなりのタメ口
■~担当という表現
以上は、ご遠慮ください

TOKIOのプライベートに関する話題、
TOKIOを傷つける言葉は、固くお断りします

わたしとこのブログについて、もう少しくわしくはこちらへ。


メールはこちらから。


鍵盤が拍手ボタンになっています。ぽちっといただけたら、嬉しいです♪


つぶやいてます*

最近の記事

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア


    web*citron   

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なるスパイ 第五・六話

2009.08.26 18:29|感想

2009 634.2jpg


新曲に耳も目も手も持っていかれ(笑)レギュラーがすっかりおいてけぼりで…。TNCにいたっては一か月分くらいたまってるので、ありゃあ~です(^^ゞ9月頃、畳み掛けるようにラジオの記事が続いてたら、あ~必死のパッチで取り返してるわ~と思ってください(苦笑)
そんなわけで今日は、華麗なるスパイを。またまた二話まとめてですが。

ちなみに…こないだのズムサタ。オンエア開始日のアニ☆スタでグランプリに選ばれた、おばあちゃん犬との共演の様子でした。犬好きの長瀬くんらしく、嬉しそうにわしわしなでてるのが可愛かった~。
ドラマ出演は初めてにもかかわらず落ち着いた様子のおばあちゃん犬を、「京都の撮影所ばりですね」とほめてました。
…「撮影所の、役者さんばり」ね。補足するとね。撮影所やったらえらいこっちゃ…建物やでそれ(笑)

六話は変装がやや薄め?まあでも五話でやってた、海原雄山…の、ぱちもん(笑)が強烈やったから、割ってちょうどくらいかなあ(笑)
最近はネックレスを握らなくても本音みたいなことを語るようになってきたし…子猫も拾ってたなそういえば。体の鎧も心の鎧も、徐々に解けてきてるのかな…なんて思ったら、次回予告でドロシーと夫婦漫才してましたが。思いっきりコテコテな感じの(笑)

六話のクライマックスで、京介と霧山がフェイスマスクをべりべりべり!ってはがすシーン。ありえないんだけど爽快でした。しかも二重にしてたとは!
五話のまな板型武器の時もそやってんけど…活かされる頃には、そういうものがあったことを大抵忘れているので(^^ゞ「その手があったか!」と結構本気で驚くんですよね。なんてドラマ向きな性格…。

それにしてもナオミ役の純名さん、宝塚の元トップなだけあってお綺麗でした~。二話の白羽さん然り、このドラマのちょっと(かなり?)現実からかけ離れた世界にしっくりはまってるのは、宝塚出身の方ならではですね。

2009 645.2jpg


六話で、実は二重スパイだったナオミに欺かれた京介。好きになりかけてた…かどうかは分からないけど、心を寄せてたのは確かですよね。それが術中にかけられて…。おまけに諜報部の面々も、それに気付いてておとりに使ったわけですから…あっちからもこっちからも(;_;)
でも…外見にしろ言葉にしろ、”あたかも本当にそうであるように”見せかけて相手の心に取り入ることは、詐欺師として、他でもない京介自身が幾度となくやってきたことで。
京介が諜報部を去ろうとしたのは、好きになりそうだった女に裏切られた痛み…というよりは、嘘をつかれて騙された者の痛みだったんじゃないのかな。。。

六話の最後にミスター匠が「(京介の)大切な人…」という言葉を口にしたので、まさかお母さん?!と思ったら…三九でしたね。と、捕えられてる~!
仕事人見てたときも思ったけど、秘密や危険と隣り合わせの人に惚れるとたいへんや…(涙)(…と、如月を思い出しながら)

京介・ドロシー・三九の三角関係(もっとも、京介は三角の一辺になってる自覚なし?)も、本腰入ってきましたね。
六話のラスト、去り際ドロシーに、”大嫌い”という言葉は中国語でなんというのか尋ねて、「…俺もだ」と言った京介。…彼らの仕事がスパイであることを考えると”大嫌い”というのは”嘘”で、本当は”好き”?
ただこれは、恋愛のというよりは仕事仲間としてのそれ(これを言ったとき京介は諜報部にいることをやめようとしてたわけだから、最後にはなむけとしてとか。)じゃないかと思うけど…。どうかなあ。


このドラマ、話の筋とは別に密かに楽しみにしてるのが…東洋タイムスや食堂の壁に貼られた紙。いちいち可笑しいうえに、毎回ちょこちょこ変わってるのがツボです^m^
東洋タイムスのは、「火のないところに煙を立てろ」やら、「われ思う、ゆえにUFOあり」やら、三流新聞らしくうさんくささ全開…。細かいとこまで見れてないけど、こないだは「天地人」なんたらていうのもあったし。スタッフさん遊んでるわーいいわー(笑)
で、それ以上に笑っちゃうのが食堂の後ろの壁…。生ビールを例にとると、
五話では「生ビール あったらしいネ」(又聞き!しかも過去形!)
六話では「生ビール あるといいネ」(希望、ですか…?仕入れてくださいよ(^^ゞ)
…こういうのを探して読むのに夢中で、話の内容聞いてないときあります(笑)

今週は放送お休みなのがさみしいです…。また何か思いついたら書くかも。

拍手をいつもありがとうございます。御用とお急ぎでない方は(笑)ぽちっとよろしくお願いします^^
ただいまの服装は京介とおそろい?白Tに淡色ジーンズの、杏子でした。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。